「すいか…なの?」





メモ「おかしいな…確か…この辺に…置いたんだけど…」

ラミ姉さんが、そっと後ろから現れて…


ラミ「メモちゃ〜ん、すいか食べる〜?」


メモ「姉さんが持ってたの?」


…と、後ろを向いたとたん


(むぎゅう)


ラミ「すいかは、これよ!」

ラミ「メモちゃんに食べてもらいたくて…」

(メモちゃんの頭をつかんで離さないラミ姉さん)

(むにゅ…むにゅ、ぐにゅ…ぐにゅ)


メモ「む…ぐ…」


ラミ「ど〜お〜?お姉さんの、す・い・か
おいしいでしょ?」

ひたすらジタバタしているメモちゃん

メモ「(メモちゃん普通のすいかを食べたいよぅ)」







「戻る」